情強がひた隠しにしているスポーツ
ホーム > 注目 > ディズニーグッズ捨てちゃダメらしい件

ディズニーグッズ捨てちゃダメらしい件

今エコ活動が叫ばれる時代となりました。
そもそもエコとはエコロジー(ecology)からきており、生態学という意味があります。
エコは生物の生活や環境学との関係、つまり「環境にいい」という意味があります。
この意味を詳しく捉えてる人は少なく、「なんとなく環境にいい」「地球を守る」
というイメージで把握している人が実際には多いと思います。
エコ活動は地球によいので積極的に取り組もうとする働きがありますが実際には
どのようにこの努力が報われ環境を守っているのか知っている人や感じている人は少ないのではないでしょうか。
その認識の弱さが私たちの生活の中のエコ活動の取り組みの弱さを表していると言えると感じます。
私たちができるエコ活動としてはゴミはきちんと分別して定められた場所に出すといった小さな方法があります。
その他にも過剰包装や不要な包装をさけ水筒を持ち歩く。またリサイクルショップやフリーマーケットを上手に使うといった工夫があります。
またショッピングにいくときに自分のマイバッグを持ち歩いたりマイ箸を持ち歩くことで木を資源にした割り箸の使用料を抑えるといった方法などもありますが

これらの活動は生きている人間の全ての人にとって当たり前のように行われているのではなく、意識した人が行っているといった感じでしかありません。
ちなみに、私はディズニーオタクなのですが、もう必要のないディズニーグッズは捨てたりせず、リサイクルショップに持ち込んでいます。
捨ててしまうなんて、勿体無くてできません。
しかも、ディズニーグッズは近所で売るな!高価買取を目指すための実録レビューをみて、リ

サイクルショップではなく、ディズニー専門の買取業者に買い取ってもらうことも検討しています。

ですが昔よりこうして心がける人が増え自然を守る環境は昔より進んだと言えるでしょう。
しかし現実にはエコ活動をしていも十分な効果が出ていないのが現状です。